アパレル物流について

当社では、アパレル・服飾雑貨に対応した倉庫・システムを構築しており、お客様・納品先様に合わせたカスタマイズも可能となっております。
お客様のPL法への対応として異物検査・製品仕様検査などの各種検査から、値札作成・取付などの流通加工業務まで幅広く対応しております。
倉庫のIT化により、ケース・ピース単位、ハンガー荷姿のままでの取り扱いも可能となっており倉庫への入庫から納品先様への配送までワンストップで対応いたします。
また、お取引先様からの返品(修理・再販)処理も可能ですので、ご相談ください。

作業フロー

1入庫作業

お客様による持ち込みから海上コンテナの荷受けまで行います。 荷受時には、外装梱包状態の確認を行い、入庫予定に従い検数作業を行います。

2各種検査
<製品検査>
製品検査をご希望の場合には、仕様書通りに製作されているか検査いたします。
不良個所については、修理(※1)・仕上げ加工(※2)を行うことが可能です。
※1・2は協力会社による作業となります。
<異物検査>
縫い針などの異物の有無をコンベア式検針器や金属探知機を使用し、検査いたします。
3保管

お預かりした商品の特性に合わせた倉庫設備を使用し、最適な環境で保管いたします。

4出庫作業

ピース単位からケース単位まで荷姿もケースからハンガーまで幅広く対応が可能です。
また、バーコードを利用した検品システムを構築し、正確な出荷を行っております。

5物流加工

百貨店様やチェーン店様など、納品先ごと指定の値札やバーコードラベルを取り付けます。 同時に、販促品などの添付作業も行うことが可能です。

6返品再生

納品先様から返品された商品を各種検査を行った上、良品については、再販可能な状態へと美装加工を行います。

佐志田倉庫でアパレル物流を行うメリット

メリット
1
在庫管理の正確さ
入出庫時にバーコード検品を行い、精度の高い在庫管理をご提供し、販売ロスが発生しないようにお客様をサポートいたします(誤出荷率1/100,000以下を達成しています)。
メリット
2
取扱品が豊富
繊維製品を長年取り扱ってきたノウハウにより、毛皮・コートなどの重衣料品からネクタイピン・ボタンなどの服飾雑貨まで幅広く取り扱うことが可能です。
メリット
3
アパレル物流をスピーディーに対応
入出庫だけでなく各種検査を含む流通加工を当社が一貫して行うことにより、出庫までのリードタイムを短縮します。
メリット
4
倉庫(物流)のIT化
お客様のシステムと当社WMS(倉庫管理システム)を連携させることにより、日々の事務コスト削減につながります。